CASTEL-J in Hawaii
 
Home arrow Video: Where is KCC?
2017年 December 17日 Sunday
Main Menu
Home
Proceedings
Conference Registration Guide
Conference Program
Buildings
Bus
Accepted Proposals
Schedule: Description
Schedule: Table
Keynote Aug. 3
Keynote Aug. 4
Video: Where is KCC?
Video: Campus
CASTEL-J 概要
Hotel Information
Member メンバー
CASTEL-J History
研究発表募集 Call for Paper
Submitting Proposals
News
これまでの情報
Links
Search
Hawaii Tours ツアー
Steering Committee
Contact
Site Counter
2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!2,213,667 visitors and counting!
Schedule: Description PDF 印刷 E-mail
投稿者 Satoru Shinagawa   
2007年 January 08日 Monday
You can download the PDF version of this schedule here.

August 3

9:30-10:00

1-A1

大規模日本語e-Learningの開発    
芝野耕司    
東京外国語大学
Ajax及びRuby on Railsを用いた大規模日本語e-Learningシステム及び言語教育用独自LMSの開発について報告する。

1-A2

Japanese-English Chat Interactions: Language Use in Internet Chat
Sarah Pasfield-Neofitou    
Monash University

Chat can create a natural context for learner independence and identity formation. This study examines the unique linguistic and interactional characteristics of Japanese – English intercultural Internet chat, the ways in which learners use this medium as an opportunity to communicate in their target language, and the strategies chat participants utilize

1-A3

Ajaxによる自作教材開発技法
佐藤 有希子 アックシュ ダリヤ, 阪上 辰也, , 古泉 隆, 杉浦 正利    
名古屋大学 大学院
本発表では、Ajaxを使った教材開発について報告し、教材例として、コロケーション学習教材を紹介する。

1-A4

過去十年間におけるMITオンライン教材の歩み
長谷好美
マサチューセッツ工科大学
MIT日本語サイトの新旧のオンライン教材の有効性と改善点について、また、今後のオンライン教材開発の着眼点について。

10:00-10:15 Break

10:15-10:45

1-B1

FirstClassを利用した上級日本語コース
牛田英子
University of California, San Diego
本発表では国際関係大学院におけるFirstClassグループウェアを活用した内容重視の上級日本語コースを紹介する。

1-B2

Web-based Katakana Practice Program
Hisae Kobayashi
Connecticut College
These days Katakana words are flooding into Japan.  In order to help students master Katakana, I have created a web-based program to encourage students to go on-line outside of class.  This paper will examine how this program provides benefits for both students and instructors, and its potential usage beyond Katakana.

1-B3

単語/漢字学習ゲーム:モンキー君
小泉 桂子
University of British Columbia
モンキー君はインターネットを使って行う学習用ゲームである。学生が単語を綴っている間にインターアクティブにフィードバックするもので、スペリングや漢字の読みの正確性を高めることを目的としている

1-B4

学習効果を上げる効果的なイメージの作成及び利用法。―コミュニティーカレッジの学習者を対象とした実践。
橘 婦美子
Palomar College
インターネット時代に見落とされがちなコンピューターでできるさまざまなイメージの作成及び利用法を探ります。授業が始まる前に話題にできるその日のトピックのイメージをスクリーンに映し出します。背景に表示されますと学生の集中度が違います。更にそのイメージ(写真や画像)にキャプションや矢印を加えるだけで更にインパクトを与えることが可能です。


1-B5 Workshop

Explore New Ways to Teach, Extend Your Lessons beyond the Classroom
授業と宿題のオンラインの試み
James W Feng
St Mary’s College, Auckland
In this workshop James will introduce participants to online lesson planning and delivery via a school intranet. The workshop will cover setting up an online teaching diary, editing and adding links to relevant Japanese sites from the lesson plan. Examples of some of James online Japanese lesson plans, student work and a basic lesson plan

1-B6 Workshop

A basic survey of online assessment effective for teaching Japanese
David L. Brooks
北里大学
This workshop demonstrates the basics principles and techniques for setting up, constructing, and managing online quizzes, tests, and peer or self assessments. The presenter suggests criteria for choosing software and Internet tools to accomplish student assessment and provides guidelines for making online assessment an effective, integrated component of instruction.

10:45-11:00 Break

11:00-11:30

1-C1

電子日本語学習資源の共有再利用
山田恒夫
メディア教育開発センター
日本語教育コンテンツの国際的な共有再利用の障碍となる、技術的、制度・運用的、教育方法的課題を論じる。

1-C2

日本語読解学習支援環境の再構築
川村よし子、 前田ジョイス、宇津呂武仁、砂川有里子、土屋雅稔
東京国際大学
ICT時代に対応した学際的、国際的共同作業による日本語読解学習環境の再構築について報告する。

1-C3

企業とのビデオチャットの効果
梅田千砂子
立命館アジア太平洋大学
ビジネス日本語コースで実践した企業とのビデオチャットとビデオ配信の効果について報告する。

1-C4

文法自習オンライン教材の開発
村田道明
Yale University
フラッシュプレーヤーによる、 実践的かつ自主的に初級文法が学習できる教材の開発と作成について。

11:45-1:30 Lunch, KeyNote 1

1:30-2:00

1-D1

Katakana in Context”, a motivational learning tool
Aukje Both
Teacher in Charge of Japanese at Nelson College for Girls, Nelson
It is not harder to master Katakana script than it is to learn Hiragana. Students are motivated and inspired to learn more Japanese when their first introduction to Japanese is learning Katakana through up-to-date digital Power Point slide-shows of everyday Japanese life.

1-D2

Using Podcasting in college Japanese language classes
Keiko Schneider
Southern Methodist University
Podcasting makes delivering audio/video materials easy and gives students’ opportunity to publish their own speaking work.  SMU Japanese program has been incorporating podcast to enhance students’ speaking and listening skills for various levels.  The presentation will demonstrate activities and students’ reaction.

1-D3

日本語教育とパソコン研究の動向
坂谷内 勝
国立教育政策研究所
日本語教育とパソコンに関するこれまでの研究を概観し、研究の特徴及び動向について分析した結果を報告する。

1-D4

アニメーション教材とその活用法
柴田節枝
California State Univeristy, Fullerton
この発表では、コンピュータを用いたアニメーション教材を用いた会話の練習とその測定方法についての実践報告をする。

1-D5 Workshop

テスト用モバイル・サーバの開発
徳本浩子, 松村保寿
名古屋外国語大学 日本語教育センター
超軽量サーバMY Serverを利用した語学テストをノートPC上でデモし、参加者に実際に試して頂く。

1-D6 Panel Discussion

日本語教育と文化:テクノロジーを用いた参加型学習
佐藤慎司 深井美由紀 田口伸子
コロンビア大学, サザンメソジスト大学
文化人類学の文化理論をまとめ、ウィキ、ブログ、ポッドキャストを用いた参加型文化学習の実践を紹介する。

2:00-2:15 Break
2:15-2:45

1-E1

コンピューター技術を駆使した授業
氏家研一
Washington and Lee University
コンピューター技術を利用して如何に授業を進めるか、実際の授業風景を再現しながら実践報告をする。

1-E2

Kanjiru: a software interface for visual Kanji translation
Chris Winstead, Atsuko Neely
Utah State University
A new software interface, called “Kanjiru,” provides a visual interface for searching Kanji characters.  Users navigate through a heirarchy of basic stroke patterns to locate  complex characters, words and their associated definitions. The interface is intuitive, enabling users to translate text with only a minimal understanding of Kanji.

1-E3

オンライン日本語コース:教育現場からのレポート
Masato Kikuchi, Satomi Suzuki
Georgia Institute of Technology
ジョージア工科大学におけるテクノロジーと言語教育を一体化させたオンライン日本語コースについて紹介する。

1-E4

遠隔日本語学習とテレビ会議
才田いずみ 井口寧,高橋亜紀子,小河原義朗
東北大学,北陸先端科学技術大学院大学,宮城教育大学,北海道大学
IT技術者向けの遠隔日本語コースウエアにウェブテレビ会議を導入し,学習動機の維持・強化を図った。

2:45-3:00 Break
3:00-3:30

1-F1

The e-Portfolio in Japanese Language Teaching: How and Why?
Peter Lafford, Miko Foard
Arizona State University
Starting with the rationale for implementation of e-Portfolios in the Japanese classroom, the presenters will show examples of e-Portfolio modules, based on the National Standards, created in three different environments: a simple html web page, a PowerPoint-based e-Portfolio, and an OSP online portfolio on a Sakai course management system.

1-F2

Webquests 2.0
Bart Bonamie
Canakkale Onsekiz Mart University Turkey
This paper will discuss how web 2.0 technologies can be integrated in a webquest, helping the students even more with various language skills. The techniques used in the Make Your World website can easily be applied to sites focusing on any kind of language (and culture) teaching.

1-F3

映像検索を利用した口頭発表教育
保坂敏子、戸部祐一、藤田真一、成田誠之助、森田彰
日本大学、早稲田大学大学院、WIT、早稲田大学、早稲田大学
本発表では映像検索を利用した口頭発表技能向上用Webアプリケーションの開発と評価について報告する。

1-F4

ローマ字マウスパッドの効果検証
北 川 利 彦
チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学
市販のローマ字変換表マウスパッドが日本語学習者のキーボード入力改善にどの程度効果があるか評価する。

 
August 4

9:30-10:00

2-A1

Beyond the Classroom:  Tools for Learning
Cindy Wong
Moanalua High School, Hawaii
Meet the changing needs of students through the use of their technology. Videoconferences bring “experts” into the classroom and connect young minds and hearts. Pod casts take learning beyond the classroom, increasing exposure to lessons and creating opportunities for students to show evidence of their learning and achievements.

2-A2

Teaching multi-level Japanese language courses – Is technology a solution?
Kazue Masuyama, Andrea Shea
California State University, Sacramento
Many language instructors teach courses that are comprised of students at different levels of language proficiency. We will describe how technology was used in an attempt to solve the challenges encountered, and the resulting observations. Podcasting, multilingual webpages, and e-portfolios are a few of the technologies that will be discussed.

2-A3

モバイルデバイスの言語学習効果
赤堀侃司, 大浦弘樹
東京工業大学
携帯電話、PDA、DS、iPODなどのモバイルデバイスが、単語の学習に有効かどうかを、検証した。

2-A4

簡単なオンライン教材と教育効果
川崎由花
既存のプログラムを用いた簡単なオンライン読解用教材とその教育効果を紹介し、更なる活用方法を考察する。

10:00-10:15 Break

10:15-10:45

2-B1
漢字学習支援の三原則・五提言
小森早江子
中部大学
認知心理学的実験に基づく漢字学習支援システム構築のための三原則と五提言を提案する。

2-B2

中上級者のためのオンライン教材
山本かすみ、山田玲子、平井美香
Williams College
日本の社会問題を題材に開発した中上級者向けのオンライン教材、特に4技能を伸ばす為の試みを発表する

2-B3

Building Community with the Japanese Movie Archive Using Joomla
Takako Shigehisa  ,Tillberg-Webb, Heather K
Northern Virginia Community College
The Japanese Film Archive for Classroom Use is a website designed to provide Japanese learners with short film clips that provide rich contextual use of language to aid in learning Japanese. This presentation will describe the instructional design decisions in creating an interactive educational film archive using Joomla as the content management system.

2-B4

ICTを使った 簡単な教材作り
木村 光作
Freyberg High School. New Zealand
TIC(パワーポイント、フラッシュメーカー、ムービーメーカー など)を使った、愉快で面白い授業・教材作り

2-B5 Panel Discussion

Panel Discussion on Teaching Japanese Online
Emi Ochiai Ahn, Masato Kikuchi,  Satoru Shinagawa
Mesa Community College, Georgia Institute of Technology, Univ. of Hawaii
This panel session is comprised of people who teach Japanese online at three separate institutions.  Each panelist will talk about his/her own institution’s motivation for establishing online courses, process of developing them, delivery method, demography of online Japanese students, outcomes, problems, solutions, and future prospects.

2-B6 Workshop

日本語教師のためのGoogle活用法
北 川 利 彦
チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学
学術情報検索、表現検索、生活情報検索の三つに焦点を当て、様々なGoogleの活用法を紹介する

10:45-11:00 Break
11:00-11:30

2-C1

漢字テストのレベル別評価項目
加納千恵子
筑波大学
WEBによる漢字語彙処理能力テストをマルチ・レベル対応の適応型システムにするために評価項目を検討する。

2-C2

「茶漉」で見る日常会話
深田淳 大曾美惠子
Purdue University 姫路獨協大学
「名大会話コーパス」を対象に、コロケーション情報抽出ツール「茶漉」を使って得られた知見を発表する。

2-C3

Lexical Analysis of Idioms Using FrameNet and Lexical Sets
Irena Srdanovic Erjavec, Kikuko Nishina
Tokyo Institute of Technology
The paper presents the FrameNet theory and its contribution to the analysis of meaning, especially pointing out the problem of multi-word units. Corpus-based analysis of Japanese idioms ki ni suru and ki ni kakeru are given as an example. Classification into lexical sets is also used as an additional method.

2-C4

Evaluation of a webquest 2.0 project
Bart Bonamie
Canakkale Onsekiz Mart University, Turkey
This paper will discuss the outcome of an improved webquest project (also see the “Webquests 2.0” paper by Bonamie, B). While the goals may be noble and lofty, in the end the only thing that matters is if and how the initial goals have been achieved.

11:45-1:30 Lunch, KeyNote 2
1:30-2:00

2-D1

Wimbaでの日本語教材開発例
林 あさ子
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
本発表ではWimbaというボイスツールを使用し、学生の自主学習を促進する日本語
教材の開発例を紹介する。

2-D2

作文過程自動記録システムの開発
アックシュ ダリヤ 阪上 辰也, 佐藤 有希子, 古泉 隆, 杉浦 正利
名古屋大学 大学院
本発表では、「作文過程自動記録システム」の開発とシステムを用いた研究例について報告する。

2-D3

Innovative Uses of Blogs in Japanese Language Pedagogy
Mayumi Ishida
Dartmouth College
Blogs have the potential to be an effective tool in foreign language education. Typical use of blogs seems to focuses on students’ writing skills. However, the use of blogs is not limited to this. In this presentation, Ishida will introduce an innovative use of blogs in students’ project.

2-D4

ブログで情報共有力を伸ばす
青島幸子, 長谷川由美
American University, Daejin University
韓米の学習者のブログ交換を通して、相手を想定しやすいブログ環境が情報共有力を高めることを議論する

2-D5 Panel Discussion

「Web2.0による日本語学習環境」
リチャード・ハリソン、實平雅夫,島田徳子,岩崎良美,ジョナサン・バント
神戸大学
Web2.0の利用によって日本語・日本文化に対する能力がどれほど向上するのかについて議論したい。

2-D6 Workshop

多言語版日本語辞書編集システム
川村よし子、前田ジョイス、金庭久美子
東京国際大学
インターネット上で編集可能な多言語版日本語辞書編集システムの紹介を行う。

2:00-2:15 Break
2:15-2:45

2-E1

より効果的なBBS活動とは?
北出慶子
立命館大学
本研究では社会文化的アプローチの視点から、BBSの日本語学習へのより効果的な応用活動を提案する。

2-E2

Mixxer: Skype Language exchangeサイトの開発
目黒秋子
Dickinson College
Skypeを利用したLanguage exchangeのためのウェブサイトMixxerの機能を紹介する。

2-E3

アニメを使った日本語の総合教育
Tomoko Shibata
Princeton University
アニメを主教材に、PowerPointやWeb Blackboardを使った効果的なコース作りを紹介。

2-E4

Keeping Learners Engaged Using Randomized Programming with Feedback
Koji Arizumi, Laurie Arizumi
University of Alabama
Once a static online language activity is completed, the language learner is unlikely to redo it. Students need many repetitions to learn new material. The presenters will demonstrate a solution for programming computer activities using randomized feedback and item presentation to prevent students from becoming bored quickly.  

2:45-3:00 Break
3:00-3:30

2-F1

歌で、文法を教えませんか?
Toyoko Kang, Yoko Morimoto
グアム大学
本稿は、 歌を使って初級文法習得の促進の試みを提案する。

2-F2

CMCコーパス利用の効果検証
広谷真紀
Rose-Hulman Institute of Technology
学習者コーパスを用いたCMCアプリケーション使用による、言語の伸びと言葉の使い方に関する意識変化の検証

2-F3

添削支援ツールXECSの仕様と効能
宇佐美 洋, 鑓水 兼貴
国立国語研究所
添削者の添削時の思考の一部を記録として残せる作文添削支援ツールを開発した。その意義について発表する。

2-F4

関西弁自主学習サイトの開発
新宮育枝, 畑中淳子
Massachusetts Institute of Technology, University of Texas at Austin
関西方面への留学生等のニーズに応えるオンライン上の関西弁自主学習教材の開発経過報告
 
Aug 5

9:30-10:00

3-A1

発表ツールにおける箇条書き分析
鎌田美千子、仁科喜久子
宇都宮大学留学生センター・東京工業大学留学生センター
PCプレゼンテーション文書でよく見られる学習者の箇条書きの問題をパラフレーズの側面から解明する

3-A2

初中級クラスへのiPodの導入
山本かすみ、平井美香
Williams College
iPodのポータブル性に注目し、英語圏の4年制大学の日本語クラスで使用したケーススタディーを発表 する。

3-A3

音声掲示板利用の学習活動の試み
中澤佳代、ヘレン・ミュア
Macquarie University, Australia
音声掲示板利用の学習活動を音声表現能力習得と問題改善意欲向上の視点から考察するアクション・リサーチ

3-A4

IT用語の日常への浸透と習得
濱田美和、深澤のぞみ
富山大学
IT用語の日常への浸透が進んだ結果,一般語化した語を抽出し,日本語教育における重要語として提案する。

10:00-10:15 Break

10:15-10:45

3-B1

Students’ Collaborative Projects Involving Computer Technology and Japanese Language Leaning
Yukie Aida, Naoko Suito
University of Texas at Austin
This session presents two projects in which students (those of 4th semester Japanese and of 6th semester Japanese) were writers, editors, performers, and media technicians for creating new supplementary teaching materials for lower division Japanese classes.

3-B2
Heuristic method for motivating students to do onerous Kanji learning
Shigeko Nariyama
University of Melbourne
To overcome Kanji phobia, we tasked our (early intermediate) students a research project on a Kanji related topic of their choice using the internet. This paper outlines the project implementation and reports the outcome, which was highly positive in providing the students a new perspective and strong motivation towards learning Kanji.

3-B3

eラーニング用漢字教材の開発
谷部弘子・島田めぐみ・許夏玲
東京学芸大学
大学のeラーニング・システムを活用した非漢字圏学習者のための自習用漢字教材の開発について報告する。

3-B4
Teaching for Intercultural Understanding and Generic Skills in Language Programs
Helen Muir
Macquarie University, Australia
Despite the array of technologies available for teaching and learning, it remains that our obligation is to provide students with learning that best equips them for their lives beyond graduation. Use of technology that promotes important generic skills and intercultural understanding illuminates the true contribution technology makes to education

3-B5 Workshop

Producing Podcasting
Keiko Schneider
Southern Methodist University
In this hands-on workshop, participants will be able to produce their own podcasting using iLife applications.  The topics will be: recording/editing audio files, publishing the podcast episodes and creating a web page for the podcast, and adding images to create enhanced podcasting.  

3-B6 Workshop

言語習得のための文法解析機実装
古賀 弘毅
佐賀大学
言語学習者が、系統立った文法習得を目指し「他動詞と自由語順」の文法発展を構文解析機上に実装する。

10:45-11:00 Break
11:00-11:30

3-C1

ブログにおけるコメント行為の日英語比較
畠山 衛
コロンビア大学
ブログの日本語教育への活用の ために、日英語のブログにおけるコメント行為を比較し応用法を検討した。


3-C2

学習者に合わせた例文表示ツール
吉橋健治、傅亮、仁科喜久子
東京工業大学
学習者のレベル、母語、専門知識などに合わせて絞り込まれた豊富な例文を提示するツールを開発した。


3-C3

One Way of Using News Clips for Students in Plateau
Hiroko Kimura Sherry
University of Pennsylvania
Computer technology has made it surprisingly easy to access great resources for language education, but students still need guidance from instructors.  Most often, in intermediate
levels, students experience plateaus where they cannot see clear progress despite their continued efforts.  How can we, as language instructors, help them?

3-C4

即答要求型言語テストのWEB化 -SPOT-WEB の場合-
小林典子 フォード丹羽順子 酒井たか子
筑波大学 佐賀大学
即時的処理を要求する言語テスト「SPOT」のWEB版開発について報告し、このテストの妥当性を検討する。


11:45-12:15

Discussing of the Future CASTEL-J       CASTEL-Jの未来を考える



 
Poster Sessions

1
Learning beyond the classroom with iPods
黒川直子
Duke University
How can iPods enhance language learning? Since Duke University gave every incoming freshman an iPod in 2004, the University Community has explored ways how it could benefit the academic environment. This presentation introduces how Advanced Japanese courses at Duke have incorporated the mobile technology, including the one with a video function, into the curriculum.

2
Intercultural Japanese-English Internet Chat and Resources for Language Learning Sarah Pasfield-Neofitou
Monash University
Chat can create a natural context for learner independence and identity formation. This study examines the tools learners utilize in online text-based conversations with their peers.  

3
単語ディクテーション教材試作
桑原陽子, 中園博美, 敷田紀子
福井大学 島根大学
webを利用した初級レベルのカタカナ・ひらがな単語ディクテーション教材作成とその使用効果を報告する。

4
Japanese Online Self-Help Utility Developed with Students for Students
Naoko Suito, Yukie Aida
University of Texas at Austin
This session introduces the JOSHU (Japanese Online Self-Help Utility) site.  Japanese language students were involved in creating this site by utilizing innovative technology to accelerate students’ learning of Japanese language and culture and to motivate them to become self-propelling learners.


5
日本語を使って作った学生映画
木村 光作
Freyberg High School. New Zealand
ニュージランドの高校生が 国の文化、風習、日常生活を課題とし 日本語を用いて作ったホームビデオ

6
Error Analysis of Japanese Adjectival Collocations for Error database
曹 紅セン
東京工業大学
A collocation production survey was administered to both Chinese learners and non-Chinese learners of Japanese. Produced collocation errors are classified according to eight categories. The results are constructed as an error database for error searching. The error database will be used as a part of a composition support system.


7
学習効果から見る多媒体型教材
李妲莉・谷部弘子・案野香子・鐘暉
湖南大学・東京学芸大学・静岡大学・湖南大学大学院生
『日本語初級(及び中級)総合教程』(CD-ROM付)を例にマルチメディア型教材の有効性を検証する。
8
レベル別によるブログの使用例
深井美由紀 佐藤慎司
コロンビア大学
本ポスター発表では、1年生から4年生までの日本語コースで行われた、ブログ活動の実践例を紹介する。


9
Distance Learning of the Japanese language:  An Empirical Report
Yukie Aida, Alex Aguila, Nicholas Himmel
University of Texas at Austin
This session reports a case of distance learning involving the Japanese language education.  Using the campus-wide computer system of a university in the U.S., two personal laptops, and cameras, one American student could participate in the classroom activities done in the U.S. real time from Sasebo, Japan.

10
内容重視型漢字学習素材の開発
小林由子
北海道大学
日本語学習者が「深い処理」を行い「漢字を実際に使えるようになる」ための内容重視型学習素材を提案する。

11
日中間のインターネット合同授業
鈴木庸子
国際基督教大学
日本国内の中国語学習者と海外の日本語学習者の間で、TV会議システムを利用した合同授業を行った。

最終更新日 ( 2007年 April 01日 Sunday )
< 前へ   次へ >
Calendar
December 2017
Su Mo Tu We Th Fr Sa
Week 48 1 2
Week 49 3 4 5 6 7 8 9
Week 50 10 11 12 13 14 15 16
Week 51 17 18 19 20 21 22 23
Week 52 24 25 26 27 28 29 30
Week 53 31
Accessed from
Locations of visitors to this page
Your Access Info
Internet
IP: 54.196.182.102
OS
Browser:
ja:

Monitor

 
Copyright 2000 - 2005 Miro International Pty Ltd. All rights reserved.
Mambo is Free Software released under the GNU/GPL License.
Design by Mamboteam.com | Powered by Mambobanner.de